JupyterLab のインストール

Python

JupyterLab とは

JupyterLab とは,Jupyter notebook の後継で、ブラウザ上で動作するプログラムの対話型実行環境です。今後、Jupyter Notebookは この JupyterLab に移行して行くようですので、今から使用する場合は、JupyterLab に慣れておいたほうが良いかと思います。

https://jupyter.org/
GitHub - jupyterlab/jupyterlab: JupyterLab computational environment.
JupyterLab computational environment. Contribute to jupyterlab/jupyterlab development by creating an account on GitHub.

JupyterLab のインストール

JupyterLab のインストールには anaconda を使用した方法や pip で新ストールする方法もありますが、Docker Hub に公式のイメージがありますので、それを使用して行きたいと思います。

Docker Hub

docker-compose.yamlの作成

下記の内容で docker-compose.yaml を作成します。

version: "3"
services:
  notebook:
    image: jupyter/datascience-notebook
    ports:
      - "8888:8888"
    environment:
      - JUPYTER_ENABLE_LAB=yes
    volumes:
      - ./work:/home/jovyan/work
    command: start-notebook.sh --NotebookApp.token=''

./work:/home/jovyan/work の 初めの path を変更することで、作成した notebook の保存場所を変更することが可能です。./work を指定した場合、docker-compose.yaml のファイル配置ディレクトリ直下に work ディレクトリが作成され、その中に notebook が保存されます。

JUPYTER_ENABLE_LAB=yes の環境変数を指定せずに起動すると、Jupyter Notebook で起動することができます。

JupyterLabの起動

docker-compose.yaml の あるディレクトリで下記のコマンドを実行することで、JupyterLab が起動されます。イメージのサイズが大きいので初回起動時には、起動に少し時間がかかります。

docker-compose up

下記にアクセスし、JupyterLabの画面が表示されれば、起動完了です。
http://127.0.0.1:8888/lab

コメント

タイトルとURLをコピーしました